記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリーン その3

面相を描き、チュールの貼り付けを行いました。

elin_a08.jpg
elin_a07.jpg

瞳は、キット付属のデカールではやや印刷のドットが目立ってしまうので手描きとなりました。
最近、瞳の輪郭やまつげのいろいろな描き方を試していましたが、ビン生の塗料を薄めずに描いて後で形を整えるというのが一番きれいに仕上がるように思います。
アラを出さないよう拡大鏡も買ってみましたが、あまり劇的な変化は感じられず、結局携帯のカメラで拡大してチェック・・・といった感じです。

それよりも大変だったのがチュールの方で、このエリーンの脚は凹部が多いうえ、膝を曲げているので一気に貼ってしまうことができません。
曲面になじむよう少しづつ貼っていくのですが、左脚は切り込みを入れる場所を間違えて一からやり直しになりました。
やり直しといっても、ドボンして肌塗装からというわけではないのでまだ慈悲がある…のかもしれません。

山場は越えましたので、次回組み上げて完成となります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。