記事一覧

琥珀

製作のご依頼をいただきました、クルシマ製作所様の「琥珀」を製作しました。

kohaku_a21.jpg
kohaku_a22.jpg

他の写真はこちらからご覧ください。
ヌードフィギュアで太ももに大きな合わせ目ができますので、シアノンで埋めたうえで目立たないよう明るいアイボリーを吹いておきます。
木桶の木目はレプリカント誌の作例を参考にしましたが、単に線を引くだけではなくある程度メリハリを持たせた方がそれらしくなります。

ベースの床板も同じくレプリカント誌の作例を参考に檜の板を張り付けています。
ベースの天面と同径の円板をサークルカッターでプラバンから切り出し、これをガイドに短冊状の板をまとめて円形を出していきます。
檜の板は厚さ1mmほどですので、ニッパーでおおよその形を出して80番のペーパーで整え、400番で仕上げました。

ちなみに今回は1/8でリアル系の瞳ですので、描くのにちょっと苦労しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント